怒り爆発して、自己嫌悪。。。その後で

こんにちは、根本裕加です。

実は一昨日、パートナーのNEMOとケンカしました。
(今回は私が一方的に怒ったんですけどね)

怒りが沸き起こったら、
まずは一旦、自分の心の中でその怒りを感じ尽くして、
しばらくして、「こんな風に感じたんだ」と
話せるようになってから、
相手に感情を伝えるようにしているんですが、

一昨日はそうはいかなくって、
怒りのままにドカン!と言葉を発してしまいました
(そんな時も、あります……)

昨日は
「なんであんなふうに言っちゃったんだろう……」
と自己嫌悪して、沈んでました。

昨日の夜は、NEMOに謝ろうと
彼の好きな麻婆豆腐を作って、
彼の好きなASKAのCDをかけて
彼の帰宅を待っていました。

ところが、帰ってきたNEMOが先に
「ごめんね」と言いました。

「え?なんで?」と私がきいたら、

「Yuukaが怒ったとき、
僕は『なんで怒るんだ!?Yuukaが悪い!』
と思って不機嫌になったけど、
僕がそのことに対して怒るってことは
Yuukaと同じものが僕にもあるってことだから……」

と彼は言いました。

「そっかぁ、、、私も、ごめんね。」

と私も言って、仲直りしました。

パートナーは「鏡」だと言いますが
ホントにその通りだと、つくづく思いました。

自分が怒るのは、パートナーのせいだと思いがちですが
実は相手が何をしようと、何を言おうと、
それに対する自分の反応は、自分で選べます。
(怒らないで、心穏やかに黙っていることだってできるのです)

そして、
自分自身の認めたくない部分、嫌な部分を
パートナーが見せると、
それに対して怒りが沸き起こります。

例えば、パートナーに「いい加減すぎる!」と怒る場合、
自分にも「いい加減な部分」があるのですが、
それを認めたくないとき、
「怒り」となって沸き起こることがあります。

あなたがパートナーに対して怒ったとき、
「自分にもそんな所があるんじゃないかな?」
と自分に問いかけてみてください。

でも、
ときには怒りの感情で爆発しちゃうことも、ありますよね。
(私みたいに・笑)
そんな自分も「しかたないか~」くらいのスタンスで
「よしよし」してあげてくださいね。

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする