何で親は分かってくれないのーー!!

こんにちは、根本雅崇です。

お正月に実家に帰省して親と会ったけど、

「まだ認められてない」

「受け入れられてない」

「親はうるさい!」

などの気持ちを感じた人が
多いのではないでしょうか?

私たちも以前はそうでした。

親との関係って、一番近い間柄だからこそ、
思うようにいかないことが多いですよね。

僕の場合は、結婚するまでは、
ずっと親に子供扱いされて、
帰省する度に、

「彼女できたか?」
「早く結婚しろ!!」

と言われ続けてきました。
その度に、

「うるさいなー!!」

と反発した気持ちと、

「親が言うことはもっともだよなあ」

という気持ちを持っていました。

親は耳が痛いことを、ズバッと
言ってくる存在なんですよね。

でも、親が言ってくることに対して、
嫌な感じがしたり、痛いと感じたら、
それは自分でもそう思っているから
嫌だし痛いんです。

自分が全く気にしていないことだったら、
そんなに反発しないはずなんです。

以前の僕の場合だったら、もし結婚相手が
すでにいたら、親に「彼女できたか?」
と聞かれても、

「彼女できたよ。そろそろ結婚するよ」

というだけで、そこまでうるさいー!と
感じ反発しなかったと思います。

当時の僕は、彼女がいなくて
恋愛でうまくいかないパターンを
繰り返していて、自分でも何とかしたい
と思っていたから、
親の言葉に過剰に反応していたんです。

なので、僕のように親から
「早く結婚しろ!」
などと言われて、

「うるさいなー!」

と過剰に感情が動く人は、実は
自分でも気にしている証拠なんです。

<ミニワーク>(実際に書き出すことをオススメします)
・親に言われたことで
「うるさいなー!」
「ムカつく!」
など怒りを感じたことはなんでしょうか?

・それは自分でも何とかしたいと思っていることではないですか?

いかがでしたか?
「親は鋭いなあ」と思った方がいるかもしれません。

親に最初から100%
「認められてる」
「受け入れられている」
と感じれる人はほとんどいないでしょう。

でも、あなたが
「親に認められたい」
「親に受け入れられたい」
「親ともっと仲良くなりたい」

などの想いがあれば、時間は少しかかる
かもしれませんが、親との関係は
きっとよくなっていくことでしょう。

最初から100%を求めず、
ちょっとずつ親と仲良くなって
いけばいいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする