男にいつも上手く丸め込まれる女性のあなたへ

こんにちは、根本裕加です。

先日ブログの読者のRさんから、このようなメッセージを頂きました。

—————————————-

いつも拝見しています^^

私の彼は、休日は趣味&友達優先でして(笑)

お仕事も大変だし、自由にさせてあげよう・・・と
黙って我慢していました。
彼は、それが当然だと思ってるようです。

でもやっぱり正月休みもほったらかしで・・・
なぜ放置なのか聞いたら、逆ギレされましたw

謝るならまだしも、待つ女性の身にもなってよ!
とは言えず・・・(; ;)
結局こっちが、ワルモノ扱いされたままです。

いつもですが、男性に上手く丸め込まれるので
男ってズルい!と、泣く事が多いです。
どうしたら女性の気持ちをわかってもらえますか?

クリスマスや誕生日プレゼントも、
いつもあげるだけです(笑)お返しはありません。

——————————————

メッセージをありがとうございます。

文面を読む限りで、読み取れるところから、お話をしますね。

もし、意味のとり違いがあったら、お許しくださいm(__)m

Rさんは自分ばかりが我慢して、彼が全く気遣ってくれないと感じているのですね。そして、たまに自分の要求を彼に伝えると逆ギレされてしまうのですね。

どうやらRさんは「黙って我慢」「言いたいことが言えず」「ワルモノ扱いされる」「上手く丸め込まれる」「いつもあげるだけ、お返しはない」という言葉から、自分のことを犠牲にして彼に尽くす「犠牲者モード」になっているようです。

「男ってズルい!」と泣くことは、過去の恋愛でもあったのでしょうか?

もし何度も恋愛相手と同じような関係となっているとしたら、Rさんの恋愛の「失敗パターン」が、「犠牲者モード」となっていると思います。このパターンというのは、過去のある時点において形成されています。多くの場合、異性との関係は、異性の親との関係(女性の場合は父親との関係)の影響を大きく受けていることがあります。

思い当たるところはあるでしょうか?

例えば私の場合、小さい頃両親の仲が良くなくて、母から父の愚痴ばかりを聞いていたため、男性の短所ばかりが目につき、付き合った人の「あら探し」をするという「失敗パターン」がありました。
詳しくはこちらの記事を読んでくださいね。↓
★両親との関係が、あなたのパートナーシップに大きく影響している?!

「犠牲者モード」を脱却するには、どうすればいいのかというと、

(1)まずは、じっくり時間をとって自分の辛い気持ちを感じ尽くしてください。
たとえば「今までたくさん我慢して辛かった。寂しかった。彼に言いたいことも、彼と一緒に行きたい所もいっぱいあったのに」というように。
彼との関係で「こうしてほしかった、こう言って欲しかった」などということを紙に書き出すのもいいでしょう。きっとたくさん不満が出てくると思いますが、誰にも見せないものなので素直に思いのままを書いてください。

(2)十分に書き尽くして、感じ尽くしたあとに、
「これからも彼とのお付き合いを続けたいのか、それともお別れしたいのか?」
自分の本音に正直に、答えを出してください。

(3)もし、これからも彼との関係を続けたいのであれば、「本当は彼とどんな関係を築きたいのか?」をイメージしてください。
例えば、お互いに感じたことを素直に伝え合えて、感謝を伝え合うことができる。週末1日は一緒の時間を過ごすなど。

(4)その後、あなたの感じていることを、彼に伝えます。
例えば、「今まであなたの仕事が忙しいと思って、『週末会おう』とか言わなかったんだけど、私、あなたと会えなくて本当はずっと寂しかったんだ。でも、これからはあなたとこういう関係を築きたいと思っているの」などというように。

その時のポイントは、「自分はこんなに我慢していたのよ、あなたのせいで。ちょっとは分かってよ!」と相手を責めることをやめて、「私は○○で辛かった、寂しかった」などと自分の感じている感情を伝えることに集中することです。

Rさんは責めているつもりがなくても「あなたはいつも○○○よね」などと相手を断定した言い方をすると、彼は「責められる」「非難されている」と感じます。

ほとんどの人は「非難された、攻撃された」と感じると、たとえそれが正論であっても、逆ギレするか逃げたくなってしまうんです。なので、あくまで自分の気持ちにフォーカスして、「私はずっと○○○と感じていたんだ。でもこれから私はあなたとこういう関係を築きたいと思っているの」と誠意をもって伝えてみてください。

彼の答えがYesかNoかは、伝えてみないと分かりませんが、Rさんが、100%誠意を持って伝えたと感じることができたら、彼の答えがどちらでも、きっとベストの答えだと思います。

まずは【「犠牲者モード」をやめると決める】こと、
そして【自分の気持ちを大切にすること】から、始まります。

よかったら、試してみてくださいね。

根本裕加

☆このコラムに書いて欲しいこと(パートナーシップについてのお悩みや質問)がありましたら、お問い合わせフォームからメッセージください。
できる限りお答えしていきます。
お問い合わせフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする