しっかり者で頑張り屋さんのパートナーシップがうまくいかない理由(その1)

こんにちは、根本裕加です。

「しっかりしているね」

「よく頑張るね」

「あなたに任せておけば大丈夫」

そんな風に周りから言われる「しっかり者で頑張り屋さん」のパートナーシップがなぜうまくいかないのか?を書きたいと思います。

何を隠そう、私自身が「しっかり者で頑張り屋さん」の一人でした

私は3人姉妹の長女で、幼い頃「お姉ちゃんなんだから、しっかりしなくちゃ」という思いで、がんばっていました。

そのまま大人になって、家族からも職場の人からも「しっかり者で頑張り屋さん」というふうに見られていました。

でも、このことが原因でパートナーシップがうまくいかないことがたくさんありました。

なぜなら、私が常に「しっかりしなくちゃ、頑張らなくちゃいけない」と無意識に思っているので、パートナーに頼れないし、甘えられない。。。弱音なんか絶対吐けないんです!

そして、自分が頑張ってしっかりやっているのに、パートナーが同じようにやっていないと「怠けている、これくらいなんでできないの!?」と思い、相手に厳しくダメだしをしちゃいます。

だんだんパートナーが頼りなく思えてきて、パートナー自身がやるべきことも、代わりにやってしまい、相手を依存させてしまって、自分が辛くなっていく。。。

そんな一面があったからです。

あなたにも思い当たる所がありますか?

こんなとき、どうすればいいのかは、明日また書きますね。

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする