しっかり者で頑張り屋さんのパートナーシップがうまくいかない理由(その2)

こんにちは、根本裕加です。

今日は昨日の記事の続きを書きます。

昨日の記事はこちら
★しっかり者で頑張り屋さんのパートナーシップがうまくいかない理由(その1)

かつての私のように「しっかり者で頑張り屋さん」であるがゆえに弱音が吐けず、パートナーにも自分と同じように頑張るように要求する。でも、パートナーは同じようにはやってくれない。だんだんパートナーが頼りなく感じてしまう。。。

そんなあなたは、自分のエネルギーが大きく、パートナーのエネルギーが小さく感じるでしょう。
こんなふうに↓

こんな関係だと、本来相手の持っているエネルギーを奪ってしまっているんです。これでは、パートナーシップはうまくいきません。。。

逆に、幸せなパートナーシップを築いている人は、パートナーと自分のエネルギーが同じくらいだと感じています
こんなふうに↓

お互いに助け合ったり、甘え合ったり、弱音やネガティブなことも分かち合います。お互いのいい所を褒め合い、短所は補い合うことができます。

幸せなパートナーシップに近づくには、

●「頑張んなきゃ!モード」をオフにする。

●「頑張っても、頑張らなくても大丈夫」という感覚で肩の力を抜く。

●今まで頑張って自分だけでやっていたことや解決していたことを、パートナーに相談したり、助けを求めたりしてみる。

●たまにはパートナーに弱音や泣き言を言う時間を作る。

上記のことをやってみると、それまで頼りないと思っていたパートナーが、実は結構頼りがいがあるんだ~という発見がありますよ。

よかったら、やってみてくださいね

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする