ついつい相手のあら探しばかりしてしまうあなたへ。

こんにちは、根本裕加です。

===================
●ついつい相手のあら探しばかりしてしまう。

●相手に不満や文句がたまっている。

●お付き合いする相手と全然長続きしない。
===================

↑あてはまること、ありますか?
以前の私は、これ3つとも当てはまっていました(^^;;

「パートナーと幸せになるにはどうしたらいいの」

それは……

<ありのままの自分を、認める>ことです。

がんばっている自分、がんばれない自分、
潔い自分、情けない自分、
楽しんでいる自分、怖がっている自分、
ワクワクしている自分、どんよりしている自分、、、などなど、

自分には、ポジティブな面もネガティブな面も両方ある。と認めて、

ネガティブなとき、自分にダメだしせずに、「あぁ~ 今はこんなときなんだな」とただただ受け入れることです。

なぜ、これが幸せになる近道なの?というと、

————–
ダメな自分も含めて、ありのままの自分を認められると、パートナーに対して<ありのまま>を見せることができるし、パートナーの<ありのまま>も、受け入れることができるからです。
————–

真面目で、がんばり屋さんで、完璧主義なひとほど、パートナーの前で「いい人」として振る舞おうとします。

心の中では、自分のダメなところにダメだしをしています。

自分のダメな部分を受け入れられないと、自分のダメな部分をパートナーに見せられないんです。

そして、パートナーがダメな部分を見せた時に、許せなくなっちゃいます。(←これ、かつての私です)

そんな関係ってつらいですよね?

「あなたのいい面、ポジティブな面は愛しています」
「あなたの弱い面、ネガティブな面はキライです」

こんな関係は、無条件の愛ではなくて、「条件付きの愛」です。

その条件から外れたら、愛されなくなってしまうんです(;;)

心の平安もなく、幸せを感じることもできません。

————–

「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

————–

↑結婚式のときの言葉のように、パートナーのありのままを丸ごと愛する自分になるには、

<まず、自分のありのままを丸ごと認める>

試してみてくださいね♪

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする