お金の使い方でケンカになったら?!

こんにちは。根本裕加です。

先週、私は親知らずを抜歯しまして、ようやく痛みがひいてきたところです(^^;;

あなたは、どんなふうに過ごしていますか?

さてさて、今日は「お金の使い方でケンカになったら?!」というテーマで書きたいと思います。

————————-

とある日曜の朝のこと。

Yuukaは「ホットケーキを焼こう♪」と思い立ったのだが、冷蔵庫にバターがない……

NEMOにバターを買ってきてとお願いした。

しばらくして、近所のスーパーからNEMOがニコニコして帰ってきた。

NEMO「はい、バターだよ♪」

Yuuka「ありがとう〜」

NEMO「すっごく美味しそうなんだよ、このバター」

Yuuka「へえ〜 いくらだったの?」

NEMO「900円」

Yuuka「高っ! ふつうのバターでいいのに………」(ぶちキレる)

————————-

これは実際にあった根本家のお話です(笑)

私が不機嫌な顔になったので、NEMOはおどろいて、しょぼんとしました。

(こんなふうに感情が揺さぶられたときは、二人のパートナーシップを深めるチャンスです。)

私はNEMOに
「ちょっと時間ちょうだい」と言って、自分の感情をしばらく感じていました。

私は、なぜ怒ったのだろう?と考えると、お金の使い方について、母の影響をすごく受けていることに気づきました。

私が幼い頃、母は「必要以上のものにお金をかけるのは、ムダなこと。悪いこと」「質素倹約がいちばん」という考え方をもっていたのです。

だから、「バターに900円もかけるなんて!!」と怒りが沸いてきたんです。

なんで怒りが沸いてくるのか?が分かったら、少し落ち着きを取り戻して、NEMOに「必要以上のお金をかけるのはムダで、悪いことだっていう考えが、私の中にあったんだよ」と伝えました。

NEMOは、「僕のうちは、美味しいものなら喜んでお金をかけてたんだ。美味しそうなバターのほうが、Yuukaが喜んでくれると思って買ってきたのに、Yuukaが怒ってガッカリしたよ〜」と言いました。

二人の育ってきた環境は違うから、お金の使い方に関する考え方が違ったんですね。

◆Yuukaの考え方「必要以上のものにお金をかけるのは、ムダなこと。悪いこと」
長所:お金を節約する
短所:お金を楽しみのために使えない

◆NEMOの考え方「美味しいものなら喜んでお金をかける」
長所:お金を使って楽しめる。美味しいものが食べられる。
短所:節約は苦手

お互いの違いがわかったら、スッキリしました。

この後、二人でホットケーキに900円バターをたっぷりぬって食べました。

美味しかった〜♪
300円のバターとは違いました!(笑)

NEMOの考え方の良さがわかったので、たまにはNEMOの考えを取り入れてちょっと高くても美味しそうなものを買ってみよう♪と思いました。

お金の使い方でケンカになったら、

(1)自分はなぜこんなふうに使うのか?パートナーはなぜあんなふうに使うのか?そのルーツをさぐってみる。(多くは生まれ育った家庭環境にあります)

(2)お互いの考え方の長所と短所を洗い出してみる

(3)お互い、相手のお金の使い方の良さを取り入れてみる

こんなふうにすると「あなたが間違っている!私は正しい!」という勝負の世界から抜け出して、パートナーと一緒にいることをますます楽しめるようになると思います。

よかったら、ためしてみてくださいね☆

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする