相手の“アラ”ばかりが気になるあなたへ(その2)

こんにちは。根本裕加です。

さてさて、
今日は前回の記事の続きを書きたいと思います。
前回の記事はこちら
相手の“アラ”ばかりが気になるあなたへ

パートナーに、期待や要求をして、それが叶わないと相手をワルモノにしてしまう……

でも

パートナーにまったく期待しない・要求しないっていうのもできない……

じゃあ、どうしたらいいの

そんなときは、

まずは、以下の質問に答えてみてください。

Q1,あなたは、パートナーやパートナー候補に何を期待、要求しているでしょうか?
いま、パートナーやパートナー候補がいない方は、過去のパートナーに期待していたことは何ですか?

例えば……
・仕事よりデートを優先してほしい。
・記念日はちゃんと覚えておいてほしい。
・早く結婚して!

Q2,では、反対の立場で考えてみましょう。
過去にパートナーやパートナー候補に期待、要求されたことや、現在期待、要求されていることは何でしょうか?

例えば……
・今仕事が忙しい時期だから、週末はゆっくり休ませてほしい。
・たまには一人の時間がほしい。
・今は結婚を考えられないので、もう少し待ってほしい。

*  *  *

いかがでしたか?
相手と自分の期待、要求がずれてる……
そういうことが多かったのではないでしょうか?

相手と自分の思っていることが違うからといって、一方的に「あなたが悪い!!」っていうのはナンセンスですよね。(はい。私もです、、、)
どちらが悪いわけでもありません。

ただ、「違う」だけなんです。

この「違い」があるから、この人とはもうやっていけない。
そう考えることもできます。それも一つの答えです。

この「違い」があっても乗り越えて、この人と一緒にいたい。
そうあなたが思うのなら……

この「違い」を受け入れて相手を思いやると、大きな変化が起きます。

例えば……

「今仕事がキツいんだな。きっと気持ちに余裕がないんだな。」

と、相手の状況や気持ちがイメージできたとしたら、

パートナーと会った時に
「今仕事が忙しいんでしょう。おつかれさま。週末は家でゆっくり休もうか」
と相手の気持ちに寄り添って、話をしてみてください。

そういうことをしばらく続けると……
パートナーは自然にあなたの気持ちに寄り添ってくれるようになります。
「いつも僕のことを思ってくれて、うれしい。ありがとう」
「今度の週末は久しぶりにゆっくりできそうなんだ。●●●へ行きたいって言ってたでしょ。あそこへ行こうか」

*  *  *

「ほしい!ほしい!」といくら思っていても叶わないけれど、

自分と相手の違いを受け入れて、

パートナーの気持ちをイメージして、相手のことを思いやることができたら、

あなたのほしいものは、自然と与えられるようになります。

よかったら、試してみてくださいね♪

根本裕加

======================
がんばらずに理想のパートナーシップを築くためのセミナー
Part5 「親密になることへの怖れを手放し幸せなパートナーシップを築く方法」
●2013年 3月30日(土)13:00-15:00中目黒にて開催
Part6 「パートナーと最高の関係を築く方法」
●2013年4月20(土)13:00-15:00中目黒にて開催
詳細、お申込みはこちら
=====================

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする