「ガマン弱い」ほうがうまくいく?!(その2)

こんにちは、根本裕加です。

最近はあちこちであじさいが咲いていますね
今日見かけたご近所のあじさいです(^^)

あじさい

さて今日は、前回の記事の続きを書きたいと思います。
【☆ガマン弱いほうがうまくいく?!】
前回は、パートナーへ自分の言いたいことをガマンしてしまう、
「ガマン強い」あなたへの記事を書きました。

どうしたら、相手に自分の気持ちが伝わって、お互いに心地よく
より深い関係を築けるのでしょうか?

* * *

いつもガマンしてしまう人は、
自分の本当の気持ちを、無意識に心の奥に押し込んでいます。

私は、初めのうちは、気持ちを押し込んでもまったく平気でした。
でも、何度も何度も、何年も気持ちを押し込んでいると、
ガマンした気持ちは心の奥でふくれあがり、

「なんだか、むなしい」
「心が満たされない」
「なんかイライラする」

という気持ちを無視できない状態になっていきました。
この気持ちは、心の奥に押し込んでいる「ガマン」がいっぱいになってきているサインでした。

そんなときに、
私たちがやっている方法をご紹介します。
この方法は読むだけじゃなくて、実際やってみることで
効果が実感できますよ。

* * *

(1)まずは、自分がどんな気持ちなのかを見つめ直す
モヤモヤした気持ちを、ノートに書いてみます。

●最近、パートナーと一緒にいるとき、どんな気持ちがしますか?

例えば、
「いつもイライラしてしまう、、、
デートが終わって一人になると、
何だかむなしい、満たされない感じがする。。。」

イライラするのなら、

●なぜイライラするのですか?理由を5つ以上書いてみましょう。

彼に、言いたいけど言えないことがあるから。
彼が、私の言うことを聞いてくれないから。
彼が、自分のやりたいことばかりを優先するから。
彼が、私のことを軽く見ている気がするから。
彼が、私を大切にしてくれないから。

●上記の理由から、自分の中に不満があるのが分かります。
不満があるということは、
逆から見れば、パートナーに対する要望があるということです。

彼に、言いたいけど言えないことがあるから。
→彼に言いたいことがある。

彼が、私の言うことを聞いてくれないから。
→私の言うことをもっと聞いてほしい。

彼が、自分のやりたいことばかりを優先するから。
→私のやりたいことを、尊重してほしい。

彼が、私のことを軽く見ている気がするから。
→私のことを対等に見てほしい。

彼が、私を大切にしてくれないから。
→私を大切に扱ってほしい。

* * *

(2)「私は」を主語にして書き出す

「私は今までなかなか言い出せなかったけど、
あなたに言いたいことがあるんだ。
今まで、言ったらあなたに嫌われるんじゃないかと
思ってガマンしてたんだけど、本当はね、、、」

* * *

(3)パートナーに対する気持ちを書き出す

「あなたを愛している。この問題を乗り越えて、もっと深く分かり合いたいと思っているよ。」

* * *

(2)と(3)の部分をパートナーに伝えます。
なかなか言いにくいようだったら、手紙にして渡してみてください(^^)

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする