仕事ばかりでパートナー探しもできないあなたへPart3

こんにちは、パートナーシップの専門家 根本雅崇です。
暑い日が続きますね。
暑い日はパピコに限ります(笑)

さて、今回は前回の続きを書きたいと思います。

幸せなパートナーシップを築くためには、「本当は自分には価値がない」という思い込みを、「このままの自分でも十分価値がある」という観念に書き換えることが必要になってきます。

まず観念について説明します。以下の順番で観念システムが働きます。

1.観念(自分が信じていること)

2.感情

3.行動(反応)

4.現実

端的に言うと、

「観念が現実を創ります」

現実を変えたければ、その根本となる観念を変えればいいのです。
えええええええ~~~~~~~~!?
本当にそれだけで現実も変わるの~~~~!?
と思われる方もいると思いますが、コツさえつかめば難しくないのですが、

「観念を書き換えるのが難しい」

という観念を持っていると、現実もそうなるので気をつけて下さいね。
まずは、

「観念を書き換えるのは簡単」

と思うことがスタートラインです。
では、具体的な例をみていきましょう。

Aさん 30歳 女性

「パートナーが欲しい~~~!」

と表面上いっていてもパートナーが見つからないAさんは、

「わたしはモテるはずがない」
「わたしにふさわしい人なんていない」
「どうせ相手にされない」

という観念をお持ちでした。
するとどうなるか、パートナー候補と出会っても、

「わたしはモテるはずがない」
「わたしにふさわしい人なんていない」
「どうせ相手にされない」

という1.観念から、2.怖れの感情が湧いてきて、
無意識にパートナー候補と関わり持つのを辞めてしまうという
3.行動をとるようになります。

その結果、4.パートナーができないという現実を創ります。

観念が現実を創る仕組みをお分かりいただけたでしょうか?

では、次回は観念がどうやって形成されたかを書きたいと思います。
お楽しみに~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする