理想のパートナーシップを築けない8つの理由(その2)

こんにちは、根本雅崇(NEMO)です。
食欲の秋、いかがお過ごしですか?

私たちは、自由が丘のおいしいケーキ屋さん巡りをしています。
自由が丘のおいしいケーキ屋さんが知りたい時は気軽に聞いてくださいね。

さて、今回は前回の続き「理想のパートナーシップを築けない8つの理由(その2)」を書きたいと思います。

前回のおさらい

理想のパートナーシップを築けない8つの理由(その1)
こんにちは、パートナーシップの専門家 根本雅崇(NEMO)です。 今日は理想のパートナーシップを築けない8つの理由(その1)について書...

理想のパートナーシップを築けない8つの理由の2つめは、
「過去の恋愛や結婚生活で傷付いたから」です。

過去に、恋愛ですごく辛い思いをしたり、一度は結婚したけれども離婚してしまい深く傷付いたという方は、過去の傷が痛すぎて、もう二度と同じような痛みを感じたくないと思うようになり、再度パートナーシップを持つことに怖れを感じます。

そして、その怖れからパートナー候補が近づくと無意識に逃げる行動を取るようになります。パートナーを避ける言動をしているのですが、本人は、

「どうしてパートナーができないのだろう

「出会いがない・・・

「いい人がいない

などと言って、自分の行動がパートナーがいない現実を創っていることに全く気づきません。

それは、パートナーができない行動が無意識にパターン化されてしまっているからです。

例えば、

「1人でいるのが好き」
「女or男同士で話しているのが好き」

と言って、パートナー候補と接触する場面が少なければ、当然パートナー候補と出会う可能性は低くなりパートナーができる可能性もゼロに等しくなってしまいます。

過去に大きな痛みが心のブレーキ(心理的なブロック)となり、前に進めない状態なのです。
では、どうしたら前に進める状態になれるのでしょうか?

それは「過去の大きな痛みと向き合い癒していく」ことです。
まずは自分がどんな痛みを抱えているのかを認識することからスタートします。痛みがあまりにも酷い場合は1人で向き合うことは難しいので、その場合は、セミナーやカウンセリングなどを活用すると良いと思います。

そして、過去の大きな痛みが癒されると、一瞬で理想のパートナーが見つかったり、自分らしく豊かに生きる人生にシフトするなど、人生が劇的に変わっていくことでしょう。

私たちの場合は、過去の大きな痛みが癒された瞬間に出会いました。
私たちのパートナーシップセミナーに参加して、過去の大きな痛みを癒し、結婚された方もいらっしゃいます。

過去の大きな痛みを癒してみませんか?
あなたにもきっと素敵なパートナーが待っていると思いますよ。

理想のパートナーシップを築けない8つの理由の2つめ、
「過去の恋愛や結婚生活で傷付いたから」はいかがでしたか?

今回は少々痛かったかもしれませんね。
でも、理想のパートナーシップを築くには少々痛いところも見ていくことが必要なんです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
では、また次回をお楽しみに。

根本雅崇(NEMO)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする