良い夫婦の7つの秘訣(その2)

こんにちは、パートナーシップの専門家 根本雅崇です。
今回も「良い夫婦の7つの秘訣」について書きますね。

1.「ありがとう」を伝え合う

2.ビジョンをこまめに共有する

3.ネガティブな感情も伝え合う

4.ネガティブな感情を感じたときは、その感情が過去のどの経験から来たのかを探る

5.不安があったら隠さずに話す

6.ハグする

7.無言の期待は辞めて、依頼する

前回の記事で、
3.ネガティブな感情も伝え合う
について書きましたが、今回はちょっと詳しく書きたいと思います。

ネガティブな感情って出しにくいですよね?
いや~~~な感じになりますもんね。

しかし、そのいや~~~なネガティブな感情を
見ないようフタをするために、
お酒を飲んだり、
買い物をしたり、
ギャンブルしたり、
馬鹿騒ぎしたり、

と、人によって嫌な感情をやりすごす
行動は様々だと思います。

しかし、そのようにネガティブな感情を
見ないように一時的に逃げても
根本解決にはならないのです。

そのようにしてネガティブな感情から
逃げて見ないようにしておくと、
時間が経てば経つ程、
問題は大きくなってしまうのです。

例えば、奥さんが旦那さんに不満が
あるのに良い妻を演じようとして、
不満を旦那さんに言わないと、

その不満って放っておくと、
どんどん大きくなるのです。

そして、ちょっとした些細なことが
キッカケで奥さんの不満が
大爆発して、
離婚に至るケースが多々あります。

では、そうならないために
どうしたらいいのか?

それには、ネガティブな感情を伝え
合うことです。

例えば、奥さんがイライラしたら、
旦那さんに、

「今、何だかイライラしてるんだよね」

とただ感情を伝えるのです。

そのイライラな感情に反応して
旦那さんを攻撃するのではなく、
ただただ伝えるだけです。

そして、旦那さんは、

「そうか。イライラしてるんだね」

と奥さんの感情に寄り添うことです。
言葉だけ真似してもダメで、
本当に感情に寄り添うのです。

「お互いの気持ちに寄り添うこと」が
仲が良い夫婦には欠かせないのです。

「お互いの気持ちに寄り添うこと」を
是非試してみてくださいね。

それでは、今日はここまで。
続きはまた後日書きますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

根本雅崇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする