理想のパートナーはどこにいるの?

こんにちは、根本裕加です。

「理想のパートナーって、どこにいるんですかね~~~?」

とパートナー募集中の人によく聞かれます。

もし、あなたが
職場と家の往復ばかり、とか
一人だけで楽しむ趣味ばかりをしていたとしたら、
パートナー候補と出逢える機会は少ないかもしれません。

そんな時は
いつもと行く場所を変えてみるのもいいと思います。

私の場合、NEMOと合う直前は
無職で、ほとんど引きこもっていたので
家と畑と本屋くらいにしか行きませんでした。
会う人も、両親と畑の前を通りかかるおじいちゃんと、本屋の店員さんくらい。
それじゃ、なかなか出逢えませんでした(笑)

だけど、お気に入りの本の著者・本田健さんのHPを見て
地元近くでセミナーを開催することを知りました。

セミナーなんて参加したことないし、
本田健さんにもお会いしたことないのに、

「何となく行ってみたい」と直感的に感じて
思い切って申し込み、
そのセミナー会場でパートナーのNEMOと出逢いました

でも、
パーティーや合コンにも行っているし、
共通の趣味の人が集まるコミュニティーにも行っている…
それなりに積極的に出逢いの場に行ってるのになぁ…
という人もいます。

そんなときは、
「自分がどんな気持ちでその場にいるのか?」
を観察してみるといいと思います。

□ 緊張しすぎていて、その場を楽しんでいない。

□ 普段の自分ではだめだと思い、無理に「別の人」を演じている。

□「パートナー欲しい欲しい!オーラ」が全身から溢れ出しすぎて、相手が引いてしまっている。

□「どうせ自分にはパートナーなんて現れない」と実は思っている。

□ 過去のパートナーのことが、実は忘れられない。

□ ルックスとか条件にこだわりすぎて、近くにいるパートナー候補を見逃している。

□ 「男の人って、頼れない」とか「女の人って、うるさいし束縛される」といったネガティブな考えを持っている。

こういう状態のときは、なかなか出逢えないようです。

どうでしょうか?
思い当たる所ありますか?

自分や、周りの人の体験談をリサーチすると

○ 自然体でいたとき

○ パートナーがいてもいいかなと、ふと思ったとき

○ ワクワクして(趣味などを)楽しんでいるとき

○ 過去のパートナーへの未練を手放したとき

○ 両親とのわだかまりが解消して、異性に対するネガティブな考えがポジティブなものに変わったとき。

こんなとき、
がんばらなくても
ふと目の前に理想のパートナーは現れます。

私の場合は、
「お父さんって、大嫌い。頼りにならない。」
とずーっと思っていましたが、
本田健さんのセミナーの中で
「実はお父さんは、私のこと大事に思ってくれていたんだ。そして私もお父さんのことが大好きだったんだ」
と気づいたその夜、
セミナー後のパーティーで、運命のパートナーNEMOと出逢ったんです

「理想のパートナーはどこにいる??」と奔走する前に
まずは、
「自分は今どんな気持ちでいるんだろう?」と
自分の心の内側をのぞいてみることが
がんばらずに理想のパートナーを引き寄せる第一歩だと思います(^^)

根本裕加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする