序章 運命の出逢い ~NEMOの場合~

こんにちは。根本裕加です。

パートナーのNEMOとの出逢いの時のことを小説風にしてみました♪

ーーーーーーーーーーーーー

「どうしても行かなければ!」

なぜか、胸騒ぎがした。

すぐにベストセラー作家・本田健さんの「パートナーシップセミナー」に申し込んだ。

会社を辞めたばかりだったから、平日でも参加することができた。

その時、自分のブログにセミナーに参加することを書き込むと、

「私も参加します。会場でお会いしましょう」

とコメントがあった。
女性のようだ。

僕は、顔もわからない、まだ見ぬ女性にドキドキした。

セミナー当日。
参加者は100人くらい。

コメントをくれた女性に会いたかったけれど、顔が分からなくて会えなかった。

セミナーの休憩時には、ダンスミュージックがかかった。

音楽に合わせて、参加者の多くが自由に体を動かしている。

その中で一際目を引く女性がいた。彼女は楽しそうに踊っていた。

「彼女と話したいな」

そう思ったけれど、なかなか勇気が出なかった。

セミナー2日目。
セミナー後の夜、パーティーがあった。

そのとき、本田健さんに
「パートナーができないんです……」と打ち明けた。

健さんに
「いい男なのに。もうすぐできるよ!」と言われて嬉しくなった。

「NEMO~!」

僕を呼ぶ声が聞こえた。
以前、別のセミナーで友達になったCさんだ。

振り返るとそこに、彼女がいた。
昨日からずっと気になっていた、素敵な踊りの女性。

「根本さんですか?はじめまして。あなたのブログに書き込みをした者です」

彼女が握手を求めてきた。

僕は目を丸くして、なんとか握手に応じた。

昨日からずっと気になっていた女性は、僕のブログにコメントしてくれた人だった!!

彼女とCさんは、泊まっている部屋が同じで、

彼女がふと「書き込みしたブログの人に会いたい」と言ったら、

偶然にもCさんは僕を知っていて、彼女を連れてきてくれたのだった。

偶然??いや、 きっと運命だ。

話せば話すほど、そう感じた。

パーティーの残りの時間、ずっと二人で話し込んだ。

その彼女こそ、運命のパートナーYuukaだった。

ーーーーーーーーーーーー

なんと、ブログが私たちを結びつけるきっかけになったんですよ(^_-)

Yuuka編は、また今度☆

それでは、また(^-^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする